稲生川頭首工

IMG_0003
頭首工とは、田んぼに流す水を、川からたくさん取り入れるために作られた施設です。
この稲生川頭首工は奥入瀬川の中にコンクリートを固めて作った「固定ぜき」と呼ばれるタイプのもので、長さ52mあります。ここから取り入れた水は、稲生川へと流れていきます。
まさにここが稲生川の始まりの場所なのです。

IMG_0001

頭首工の原型がつくられたのは、江戸時代の1860年頃、稲生川をつくる工事の時のことです。その頃は、川の中に大きな石をおき、川をせき止めて稲生川へと水を導くという構造でした。
その後、昭和27年に修理されて、今のような頭首工になりました。平成18年にもコンクリートの補修や遠隔操作装置(遠くにいても動かすことができる機械)の追加などの改修を受けています。


より大きな地図で 稲生川頭首工 を表示
  • 会長挨拶
  • Kyosokyodo(共創郷土) -人と自然が共に創る郷土- 十和田市立新渡戸記念館ボランティア
  • 十和田市立新渡戸記念館
  • 水土里ネットいなおいがわ
  • 稲生川せせらぎ活動委員会
  • 一本木沢ビオトープ協議会
  • 未来遺産運動